症例

削らないラミネートベニア(他院修正)

【赤坂きらきら歯科】


他院修正
貼り付けるラミネートベニアをジルコニアセラミックに変えました!


歯を透明感のある白さにしたい、笑った時に歯が見えるようにし、八重歯っぽくしたいなど歯の形にもこだわりにもしっかりお答えさせて頂きました!

最近ご相談が多いのが、
「削らないラミネートベニア」や「歯のマニキュア」治療での他院修正のご相談です。


ラミネートベニアは歯の表面に貼り付けるだけの″削らないラミネートベニア″と、
歯の表面を薄く削って行うものとあります。

また歯のマニキュアは安価ですが確実に剥げてきます。


「歯を削らないから歯にとって良いのでは?」
そういうふうに思いますよね。
勧めてる所からも、削らないからリスクもないし、安心ですよとそのように勧められると思います。



ですが、他院修正のものばかり見ていると

「短期間で外れた、何度も繰り返す」
「先端が欠けた、ボロボロになった」
「付け根の色が目立つようになった」
「変色が気になる」
「外すには削らないといけないと言われた」

と、ジルコニアセラミック治療では起こることのない相談ばかりです。

削らないラミネートベニアを外すためには表面を薄く削り、くっついてるラミネートベニアを削り落としますが、自分の歯を絶対に触らずに削り落とすというのは不可能です。

多少なりとも自身の歯に接触してしまうので、少し不恰好になってしまいます。

見た目が元のように完全に回復する訳ではないので、綺麗にするとなるとしっかりとしたラミネートベニアにするかセラミックで修正するという二重の手間と、
費用が掛かってしまっています。




ジルコニアセラミック治療は、たしかに被せるために歯を削る量が多くなってしまいます。

歯を削る事にはリスクが伴います。



ジルコニアセラミックは歯の厚みを作るので、

・欠けにくい
・色彩の調整、白さの自由度
・歯の形の調整
・修正ができる←これがかなり重要

というメリットがあります。



一度仮合わせや出来てきたものをつけてみて、

・長さが気に入らない、
・明るい色にし過ぎた→少し暗くする
・歯の付け根に隙間ができている→付け足し

などの調整が可能なのです。



オールジルコニア、ラミネートは修正はできないですし、
ラミネートが外れた場合は「基本は作り直し」です。※セメントが残ってるので再度つけてもまた外れやすくなる為


ですので、保証期間がかなり短いと思います。
保証期間が短いのはそれだけリスクがあるからです。




しっかりご理解いただいた上で、
選択していただければと思います。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



お一人お一人、お口の状態が違いますのでその方に適した方法を提案させていただいております😃

是非一度、無料カウンセリングにいらしてください😊
LINEでのご相談も可能です⭐️

✄————————————–





お電話でのお問い合わせ👇
03-6459-1616

赤坂きらきら歯科☆*°
赤坂見附駅、赤坂駅より徒歩5分圏内🚶‍♀️
当院HPあります!
詳しくはLINEで問い合わせにてご相談ください✨

※値段やご予算のご相談、気になってる施術や心配な事など、どんなご相談でもすぐに対応できます📩

※ 完全予約制
11:00〜20:00
定休日なし
※ご予約は随時受け付けております※
LINEでのご予約が時間問わず可能。

🔶🔹🔶🔹🔶🔹🔶🔹🔶

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。