お知らせ

インプラントの寿命ってどのくらい?

【インプラントの寿命】とは、インプラントのオペを行ってから自然脱落してしまうまでもしくはインプラント周囲炎などにより撤去が必要と判断されるまでの年数のことです。

インプラントの寿命に関しては厚生労働省の調査によると、インプラントオペをおこなってから10~15年後のインプラント生存率は上顎で約90%程度、下顎で約94%程度という結果が報告されております。上と下でなぜ違いがあるのかというと骨の質や密度の違いが関係しています。下の顎骨の方が密度が高く骨の厚みがあるため生存率が少し高いです。

インプラントは次々といい物が開発されており、オペの手法もかなり精密になってきております。近年のインプラントに関しては、上顎で約93%、下顎で約95%が20年以上持たせられるだろうと予測されております。

そこで、インプラントを長く丈夫に持たせるためには以下の3つがあります。

①天然歯よりも清潔に保ちましょう

インプラントは人工物なので虫歯にならないだろう、ほおって置いても痛くならないしインプラントいれたらずっと長持ちすると思われがちですが…インプラント周囲炎という怖い病気があります!!気付いた時は遅かった💦ということもあります。インプラント周囲炎は痛みを伴いにくく気付いた時にはインプラントの周りの骨が溶けて無くなってしまっていた。ということがあります。ですので、天然歯の時よりもより念入りなお手入れが必要です!!

②オペを行った歯科医院にて定期的なメンテナンスを受けましょう

今まで通りの歯の磨き方ではインプラント周囲はなかなか磨ききれません。定期的に医院にある専用のメンテナンス機器で細部までしっかりお手入れしてもらうことが大切です!!少なくとも3ヶ月に1回は検診・メンテナンスを受けましょう。

タバコは控えましょう‼️

タバコを吸う方はインプラント周囲炎が起こりやすく、インプラントのオペを行った際にもインプラントと骨がくっつきにくくなってしまいます。それは、タバコによる血流の悪さが原因です。インプラントのオペを検討されている方は今からタバコをやめることをオススメします‼️

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。