お知らせ

歯並びがもたらす症状

歯列矯正を必要とする不正咬合の種類を挙げます!

不正咬合の種類

①出っ歯(上顎前突)

上の前歯が傾き前に出ている状態で、上下の噛み合せが正常でない状態です。

②受け口(反対咬合)

下の歯が上の歯より前に出ている状態です。噛み合わせが上下逆の状態。

③八重歯

上の糸切り歯(犬歯)が歯並びから飛び出している状態です。また、歯並びがデコボコになっている状態を乱ぐいと呼ばれています。

④開口

噛んでも上下の歯が噛み合わず、上下の歯の間が空いてしまう状態で前歯で食べ物を上手く噛みきることができません。

⑤過蓋咬合

下の歯がみえないくらい上の歯で覆われている状態、噛む力が強い

⑥手術を必要とする顎変形症

顎の変形により、噛み合わせに異常が見受けられる状態です。歯列矯正だけでは治療ができず顎の骨を外科手術で削る場合があります。

不正咬合がもたらす症状

・噛み合わせが悪く、食べ物がよく噛めない

・空気が歯からもれてコトバが明瞭でなくなる

・歯がデコボコしている場合歯磨きが行き届かなくて虫歯や歯周病になりやすい

・食べかすなどが残ったままになり口臭の原因になる

・噛み合わせが悪くうまく噛まないため顎の関節に負担がかかる

・出っ歯や受け口などの場合歯が折れたり口の中を傷つけたりする

ご自身の歯並びはどれに該当しますか?歯並びについて少しでも気になるようなら無料カウンセリングにてご相談ください😁

新宿きらきら歯科(旧 赤坂きらきら歯科)

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目11−9 花菱ビル 8F

03-6459-1616

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。